日本語かな・ハングル対応表

日本語かな・ハングル対応表

日本語のかなをハングルに表記する場合の対応表です

仮名ハングル対応表

日本語のかなとハングルの対応は、だいたい決まっています。
100%厳密というわけではなく、例外もあります。

 

日本語かなをハングルにする際の対応表を貼っておきます。
ご自分の名前をハングルにするとき等にご利用ください。

 

 

画像は見づらいと思うので、詳しくはPDFでご覧ください。

 

 

伸ばし棒

 

大田(オオタ)といったオオやオーといった伸ばす部分の表現が韓国語には基本ありません。
오오타(オオタ) ではなく 오타(オタ) で表すことが多いです。

 

小さい『っ』

 

『あった』、などの、小さい『っ』はパッチム『ㅅ』を付けます。
『아(あ)』+『ㅅ』=『앗(アッ)』

 

韓国語にない日本語の音がある

 

仮名ハングル対応表のざ行をみてみてください。
『ザ』と『ジャ』が同じ『자』になっています。

 

日本語の『ザ』という発音が、韓国語にはないためです。

 

韓国人が「ありがとごじゃいます」というのを聞いたことがあるかもしれませんね。
ザという音が存在しないので、どうしてもそうなってしまうのです。

 

また『つ』『づ』も存在しないため、表記は『쓰』『즈』となっています。
韓国人には『ちゅ』『じゅ』のような発音になってしまいます。

 

余談ですが、韓国のマフィア映画で、日本人の悪者(を演じる韓国人役者さん)が「ぶっころちゅじょ!」と言っていて、緊張感台無しで可愛くて笑ったことがあります🤣