韓国語会話初心者でもできた!Interpark (インターパーク)チケット電話予約の流れおさらい

韓国チケット予約
0


電話はケースバイケースで紆余曲折がありますが、スムーズに予約ができた場合の流れをおさらいしておきます。

とにかくチケット獲得のコツは、「どんなにつらくなっても電話を切らないでがんばる」と言うことにつきると思います。

韓国のオペレーター(相談員=상담원 サンダムォン)さんは日本人にとても親切です!ゆっくり落ち着いて優しく話せば大丈夫!!

国際電話で自力でチケット予約関連コンテンツ
会話フレーズはこちら
チケット予約に必要な単語はこちら
韓国語のアルファベットはこちら
– 「数字」ついては現在準備中です
– 「日本語50音のハングル」は現在準備中です

電話をかける

こちらを参考にしてください→ インターパーク チケットへの国際電話方法

自動音声にしたがって番号を押す

こちらを参考にしてください→ ARS自動応答

オペレーターにつながる

自動応答に答えていくと、担当者につながります。
最初に日本人であること言っておくと、ゆっくり話してくれるなど親切にしてもらえます。

希望する公演を伝える

あらかじめネットのページなどを確認して、何月何日、誰のなんという公演か、正確に伝えましょう。

希望する席種・枚数を伝える

言う前に向こうから聞かれるかもしれません。
向こうが言ってることが少々わからなくても、「VIP、2枚(トゥジャン) チュセヨ」等と言えば伝わります。

オペレーターの質問に答える

以下は順番は違うかもしれませんが、必ず聞かれる必要事項ですので、韓国語がわからなくても断片的に単語がききとれれば、何を言うべきか判断がつくと思います。

名前を伝える

日本語の発音と、アルファベットと両方伝えます。
語頭や語尾に余計な言葉を付けず、シンプルに言うのがポイント。
(詳しくは後日書く予定)

生年月日を伝える

誕生日は西暦の頭2桁をとった6桁を聞かれます。
たとえば1982年2月5日なら、820205です。

電話番号を伝える

日本の国番号 +81 を付けて伝えてください。
スマホならSMS(ムンジャ)が受け取れるかもしれません。その場合 +(プルス)を頭に必ずつけます。

SMSが受け取れなくても、電話番号は連絡用に伝えます。
(詳しくは後日書く予定)

決済方法の確認

日本人だと手段はクレジットカードに限られると思いますので
「カド」(または「シンニョン(信用)カド」「ククチェ(国際)カド」)と伝えればよいです、どれでも通じます。

カード番号を伝える

数字、0から9まで区切ってはっきり言えるよにしておけばOKです。
電話だとテンパるので、あらかじめ振り仮名をうったメモを用意するのがコツ。

支払い回数を伝える

一括はイルシブル。分割はそれぞれの回数を言います。
(私は面倒なので一括にしかしていません)

ARSでカード認証

こちらを参考にしてください → ARS認証(成功)

オペレーターに再接続

再度、オペレーターさんに戻ります。
カード認証が失敗しても、オペレーターさんと再度接続したら問題なくチケットがとれたこともあります。

予約番号を聞く

SMS(ムンジェ)が受け取れない場合、口頭で伝えてもらいます。
何度も復唱しましょう。

聴き取りが不安だと思うので、電話は最初から録音しておくことをおすすめします。

確認事項を聞く

予約番号さえもらえば、あとは、予約内容の確認と、キャンセルの案内です。
「ネー(はい)ネー(はい)」と聞いていればOKです

終了!

オペレーターさんに「カムサハムニダ~、ネ~」といって電話を切ればOKです。

実際の電話内容の完全ドキュメント

実際の会話をすべて文字に起こしたものです。

参考にしてください。

0
タイトルとURLをコピーしました