韓国語ファンレターの書き方【ハングルの母音、子音、パッチム】

ファンレターの書き方だけをまとめた子サイトを作りました。

韓レター
韓国語初心者でも書ける、簡単ハングルファンレターの書き方と例文集

前回の記事でハングルの基本をお伝えしました。

今回の記事で、ハングルを構成する文字を全て知ることが出来ます。

習い始めの頃は、『ㄱ』が『つ』に見えたり、『ㅈ』が『ス』に見えたり、『ㅊ』が『ネ』に見えたりするなど、日本語と混乱したりしていまいますが、ハングルにたくさん接していれば、だんだんハングルにしか見えなくなりますので、頑張って慣れましょう。

次回からは、実際のファンレター作成にはいっていきますので、もう少しの辛抱ですよ!

ハングルの母音 21個

ハングルには基本の母音が10個、複合母音と呼ばれるものが11個の合計21個の母音があります。

多くて大変と思うかもしれませんが、形を見るとある程度の規則性がありますので、覚えるのにはそれほど時間はかかりませんよ。

10個の基本母音

記号としては、『ㅏ』で『ア』という発音を表現しているのですが、文字としては成立していません。
『ㅇ』という、発音しない記号と組み合わせて表記します。

ハングル読み発音のコツ
日本語のアより大きな口で明るい声で
아と同じ口の形でヤと発音
아と同じくらいの口の形で暗めの声でオと発音
어と同じ口の形でヨ
口を丸く、唇を前につきだして明るい声でオ
오の口の形でヨ
日本語のウよりさらに唇をつきだしてウ
우の口の形でユ
イーっと口を思い切り横にひらいてウ
口を横に開いてイ

11個の複合母音

『ウィ(wi)』のような、母音を二つ組み合わせた発音でも、一つの母音として扱われているものがあります。

何と何を組み合わせているかがわかると、発音の推察ができます。

ハングル構成部品読み発音のコツ
아+이エ-口を大きく、明るく
야+이イェー口を大きく、明るく
어+이口を大きく、暗く
여+이イェ口を大きく、暗く
오+아ワー唇を突き出して明るく
오+애ウェー唇を突き出して明るく
오+이ウェ元の文字はオイですが、この発音だけ例外
우+어ウォ唇を突き出して
우+에ウェ唇を突き出して
우+이ウィー唇を突き出して
으+이ウィ 又は エ場所によって発音が変わる

エと発音する애と에、イェと発音する얘と예は、韓国人でもあまり区別をつけていないようです。

ハングルの子音 19個

子音も日本語より多いですが、似た仲間の文字をグループ化すると覚えやすいです。

このハングルの形は、口の中に舌を当てる位置を表しています。

子音も、記号だけではハングル文字として成立しませんので、今回は発音しやすいように『ㅏ(ア)』をつけて併記しておきます。

記号読み(ローマ字)+ㅏ発音発音のコツ
Kの仲間    
文頭K それ以外Gカ、ガ軽く発音
Kカー強く息を吐く
KKッカ息を吐かない
Nの仲間    
N 
Tの仲間    
文頭T それ以外Dタ、ダ軽く発音
Tター強く息を吐く
TTッタ息を吐かない
L,Rの仲間    
L,R舌は巻かない
Mの仲間    
M 
Pの仲間    
文頭P それ以外Bパ、バ軽く発音
Pパー強く息を吐く
PPッパ息を吐かない
Sの仲間    
S 
SSッサ息を吐かない
無音の仲間    
無音 
H 
CHの仲間    
CHチャ軽く発音
CHチャー強く息を吐く
CCHッチャ息を吐かない

パッチム 27個

前回の記事でも少し触れましたが、ハングルには『パッチム』というものがあります。
日本語は子音+母音で発音されますが、韓国語は、子音+母音+パッチムという構成で成り立つ文字があります。

한글(ハングル)の한(ハン) という文字の下の『ㄴ』の部分や

한글(ハングル)の글(クル)という文字の、下の『ㄹ』の部分がパッチムです。

また、下に2つパッチムがつく場合もあります。

パッチムは27個ありますが、すでに前述した子音の記号に含まれているものです。
発音(ローマ字グループ)は7つしかありません。

ローマ字パッチム発音のコツ
Kㄱ,ㅋ,ㄲ,ㄳ,ㄺ”真っ赤”と発音しようとして、”まっ”で止めたときの舌の位置
Nㄴ,ㄵ,ㄶ“カンナ”と発音しようとして、”カン”で止めたときの舌の位置
Tㄷ,ㅌ,ㅅ,ㅆ,ㅈ,ㅊ,ㅎ“買った”と発音しようとして、”かっ”で止めたときの舌の位置
Lㄹ,ㄼ,ㄽ,ㄾ,ㅀ“る(LU)”と発音しようとして、母音”U”は発音しないで、舌先だけ上歯茎の裏につける
Mㅁ,ㄻ”さんま”と発音しようとして、”さん”で止めたときの口の形
Pㅂ,ㅍ,ㅄ,ㄿ,(ㄼ)”葉っぱ”と発音しようとして、”はっ”で止めたときの口の形
ㄼは밟다のみ
ngアン・ドゥ・トロワのアンの発音のように、口を開け鼻から息を抜く

ハングル反切表

ハングルの組み合わせを記した表を添付しました。

ざっくりハングル発音表

パッチムも含めたざっくりとした読み方を理解するために、早見表をつくりました。

全てのハングルの記号と、対応するローマ字を併記しています。

ハングル文字を上から順(横並びの場合は左から右)に、対応するローマ字に当てはめていけば、だいたい読めるようになります。

おすすめ参考書

以上で、ハングル文字の説明は全てですが、この記事を読んだだけではなかなか頭に入ってこないと思います(おい。。笑)

そこで、ハングルを覚える参考書を一冊やることを強くおすすめします。

書店に行かれて、ご自分の好きなものを一冊買ってみてください。

私が実際にやって、おすすめするのはこれ↓ですが、他にもいろいろハングルを覚える本は出ています。

『3日でできる超入門ハングル書き取りノート』は、私は週末土日で一気に仕上げたので、3日かかりませんでした。

選ぶコツは、できるだけ”薄い本”を選ぶことです。薄い本で変なことを想像しないように。。
薄いほうが、早く終わって達成感を味わえます。まずはさっくっとハングルの形だけマスターしちゃいましょう。

『1時間でハングルが読めるようになる』という本も見ましたが、ハングルを音と口の形ではなく漢字のように形に意味を持たせる覚え方であまり良くないと思いました。(本当に一時的な旅行とかなら楽しめると思いますが)

書くことが目的なので、書き取りが出来るものが絶対にいいです。

あくまでも私のケースなので、自分との相性がいいと感じる参考書が一番いいと思います。

発音について

この記事では、発音については詳しくは触れていません。ファンレターなのでとりあえず字を知ることに集中。

日本語ではどちらも「オ」に聴こえる「오」と「어」の区別などは厳密にせず、ざっくりと説明しました。
連音化(リエゾン)などの発音変化についても触れていません。

最初から発音をしっかりと身につけることも大切なのですが、あまりたくさんのことを最初からマスターしようとすると「ううううTTできないよ・・・」と挫折するモトとなってしまいます。

とりあえず、欲張らず、まずは文字の仕組みを知ってもらうことだけに重点を置きました。

まずは一通ファンレターが書ければいい、そこを目指してやっていきましょう。

発音は並行して徐々に慣れていけばいいと思います!

本日の宿題

안녕하세요
사랑해요

を、上記の解説をモトに、棒読みでいいので読んで、書きとってみましょう(^^)/

続きます

タイトルとURLをコピーしました