ブログ掃除・片付け

ダウンコート・ダウンジャケットの洗濯は自宅でできる!クリーニング代を節約

ダウンコートをクリーニングに出すと、数千円かかる場合があります。
それほどでもない衣料の場合、自宅で選択して、費用を節約しています。

ダウンは自宅で洗濯可能

高級ブランドなど、高価なダウンコートやジャケットは、万一のことがありますので、クリーニングに出すことを強くおすすめします。

ここでは、日常使いの普段着ジャケット・コートの場合をご説明します。

ダウンは、クリーニングに出さないと羽根がダメになってしまうと思っていましたが、実は、平気なんです。

なぜなら、鳥は水に濡れても平気だから!

もしも自宅手洗いでダメージを受けるとしたら、服の布や素材のほうです。
凝った素材や特別な布でない限り、大丈夫です。

念のため、洗濯表示を確認してみてください。
手洗いOKになっている場合もあります。

手洗い不可でクリーニング(ドライ)になっているものもありますが、ダウンコート・ジャケット系は結構手洗いでも大丈夫です。

実は、服飾業界では「万一のときのクレームが怖いから、実は洗えるけど全部ドライにしちゃえ」とドライ表示にしていることもあるんです。(私は元アパレル会社の娘)

・・・とはいえ自己責任でお願いします。
超・超大事な『おしゃれ着』はケチらずにプロのクリーニング業者さんへ

私の持っている服は大したことがないので自分で洗います(笑)
下手すれば買った時のお金よりもクリーニング代が高くついたりしますからね・・


余談ですが、韓国の東大門とかで安く売ってるダウンと、高級ブランドダウンで保温力の比較テストをしたら、東大門ダウンのほうが保温力は高かったという結果が出ていたのを見たことがあります。
値段と機能は必ずしも正比例していないかもしれないですね。


洗濯の頻度は?

肌に直接つけるものでもないので、私はシーズンの終わりに1回洗濯しています。
余りしょっちゅう洗うと傷んでしまうので、それほど神経質になる必要はないのではないでしょうか。

洗濯方法

大きなコート・ジャケットの場合は洗濯機は使いません。

でも、大きめのネットに入れて、全自動洗濯機の手洗いモードでもいけるかもしれません。
小物(ダウンベスト)は洗濯機で洗っています。

今回は手洗いする方法を説明します。

と言っても簡単

空の浴槽に、ダウンコートを入れ、アクロンなどの毛糸洗い洗剤をキャップ一杯入れます。

そして、水を注ぎます。お湯の調整でぬるま湯だとより良いです。
水の勢いで泡立ってきます。

全体が漬かるくらいに水が入ったら手でもみ洗いします、軽くでいいです。

すすぎがちょっと大変

一通り揉んだら、水を抜きます。
抜いたら、また浴槽に栓をして、水を入れ、2度目のもみ洗いをします。

水が真っ黒になると思います。結構汚れるものですね・・

2回目もひととおりやったら、また水を抜きます。

水を抜いたら、こんどは流水でもみながらすすぎ、黒い水や泡が出なくなるまですすぎます。
傷まない程度に絞るとすすぎが早まります。

絞る場合は、ねじる絞り方ではなく、押すように絞るのがポイントです。

日陰で陰干し

洗ったばかりは、水が大量に落ちて来るので、水がたれても平気な浴槽などにかけておくことをおすすめします。

濡れた羽根がダウンの縫い目のところに固まって「大丈夫か?」と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

浴槽の風通しがよければ、にそのままつるして置いてもOKですし、
水が切れたら、風通しの良い日陰に移動させても良いです。

乾いてきたら、時々様子を見て、羽根をほぐしていきます。

乾いたらふかふかが復活!

完全に乾いたら、濡れたときには固まっていた羽根のふわふわが復活します。

安いクリーニング店のドライに出すと、時々あまり汚れが落ちていないこともありますが、水洗いはさっぱりしていて気持ちがいいです。

ダウンコートやダウンジャケットのクリーニング代を節約したい方は、(万一ダメになってもあまりダメージのないやつで試して)ぜひ自宅手洗いに挑戦してみてください!

2

関連記事