どのみち、英語からは逃げられない

英語

英語ができるようになれば、できないことによって生じる恐怖から逃れることができます。

嫌いでも避けては通れない

私は英語が嫌いです。

英語は嫌いでも、今の時代、正直なところ、英語を避けては通れないのが現実です。

日本に住んでいたらほぼ必要はありません。

ですが、外国人はどんどん日本に入ってきます。

インターネットの情報も、日本語に翻訳されるのが遅かったり、記事を書く人の偏ったバイアスがかかっていたりしています。

職場でも不可欠になってきています。
英語ができると仕事に有利なことは間違いないです。

ふだん英語は不要と思っていても、できると便利なことは事実。

英語ができれば、英語だけしか説明書がないものもすらすら読めます。

いきなり外国人に話しかけられても普通に受け答えできます。

もちろん海外旅行も何も問題なく楽しめます。

英語ができないと恐怖から卑屈になる

日本人だから英語がいらないという言い訳を探してしまいます。

不必要に外国人を恐れたりもします。

英語に不自由をしなくなれば、英語ができないことによるストレスはかなり軽減します。

世の中には英語の達人、超人はたくさんいらっしゃいます。

留学していたり、帰国子女、バイリンガルだったり。

TOEIC満点や英検1級をとっていたり。

そういった方たちの勉強を見ていると、ああ、、自分には無理だと思ってしまいます。

でも、そういうレベルにならないと英語ができると言ってはいけないわけではないんです。

英語を身につけるつけることは誰にでもできる

そこまでしなくても、不自由しない英語を身につけることはできます。

別に国際サミットの同時通訳になる必要もないんです。

英文の法律書や科学書を読んですべて理解するようになったり、大衆の心をつかむ感動のスピーチができるようになれというわけじゃないんです。

もしそれが日本語で話されていたら、書かれていたら、わかる。
その程度になればいいんです。

日本語で書いてあっても専門家でしかわからない内容のものは、英語力とはまた別の話なのですから。

日本人だって、日本語の難しい法律や科学の文章は読んでもわかりませんよね?

普通の日常会話、一般人でもわかる英文、それがわかるようになればOKなんです。

語学ができるかどうかに、頭の良さは関係ありません。トレーニング次第です。

日本語を話す物理的な能力があるなら、スポーツよりも、確実に身につけることができます。

英語嫌いでもできた

私は英語が嫌いで逃げまくっていましたが、あるとき必要性があって、短期間で英語を身につけなければいけなくなり、短期集中でトレーニングしました。

そして英語に不自由はしなくなりました。

ある程度までは時間をかけてやりましたが、今はほとんど英語の勉強はしていません。

ですが、今、とっさに外国人と話しても、問題なく会話できます。

仕事でも時々英文の翻訳やメールを書くことを頼まれますが、特段時間をかけることなくすんなりできます。

通じなかったことはありません。

とにかく英語が嫌、余分な勉強をやりたくない!そんな私でしたが、そのくらいのことはできるようになりました。

中途半端な英語力といってしまえばそれまでですが、必要十分と言ってもいいと思います。

できるだけ英語を避けたかった私の英語学習法を書いていけたら、と思います。

タイトルとURLをコピーしました