1か月で英語を話せるようになるたった一つの方法

英語

あと1か月で海外にいかなければいけない、といったような場合、急場でできる対策です。

結論:スカイプ英会話をやる

結論からいってしまうと、スカイプ英会話を1か月やるのが最適です。英語が全く話せない状態でも1か月毎日25分スカイプ英会話をすることによって、かなりの実力がつきます。

また、やり方を工夫することによって効果がぐんと変わってきます。

スカイプ英会話を使って文法の学習をする

文法というとテキストを開いて問題を解いて、、というイメージがあると思いますが、そんなことをやっているヒマは1か月の間にはありません。

もちろん時間があれば薄い文法書の一つやると効果は倍増しますが、時間がない場合はスカイプ英会話の授業の中で文法をやるのがおすすめです。

スカイプ英会話で瞬間英作文をやる

スカイプ英会話をしながら、初級の英文法をやるのにおすすめなのは『瞬間英作文』です。

瞬間英作文は、↓こちらの本で提唱されたものです。『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』

これは、ごく簡単な短文を瞬間的に作っていくことによって英語の反射神経を鍛えるという方法です。

単純なようでいて、意外に難しく、抜け落ちがちな三単現のSや、過去形の作り方など実践的な英語がトレーニングできます。

英語は語順が大事、英語ができない日本人の大半は、この語順が身についていないからスラスラ話すことができないのです。これは問題集を解いたら身につくものではなく、実際に口に出してトレーニングしないといけません。

DMM英会話には『瞬間英作文』教材がある

私のおすすめのDMM英会話には、無料教材のなかに、この本そのものが教材としてあります。

ですので、この本を買うことなく、訓練された先生と一緒にこのトレーニングを行うことができるんです。

3回分無料体験できますので、ぜひやってみてください→Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料WordPressテーマ

外国人に慣れることができる

日本人は実は意外と英語能力があるのに話せないのは、外人慣れしていなくて緊張して話せなくなってしまっている部分が大きいです。

スカイプ英会話のいいところは、先生が外国人で、日本語が全く通じない中(日本人の先生も日本語がわかる先生もいますが少数です)すべてのことを英語だけでやりとりする必要があることです。

語彙力がなくても、文法がめちゃくちゃでも、がんばって意志を伝えようとすると意外と通じるものです。(出川イングリッシュ?)その試行錯誤が大事です。

※出川イングリッシュでずっといくといつまで経っても上達しませんが、瞬間英作文などの教材できちんとした文法と単語を身につけていけばだんだんと英語力は向上していきます。

これを毎日やっていると、1か月たてば相当外国人に対する緊張感が和らいできますので、海外で外国人を前にしてもものおじせずに対処できるようになるでしょう。

独学より強制力がある

スカイプ英会話の1か月の月謝を払ってしまうと、もったいないので元をとろうという強制力が働きます。

一人で毎日コツコツ特訓できる人はいいですが、大半の人はそうではないと思います。毎日次回のレッスンを予約して、時間になったら必ず先生と英語を話す、そのルーティーンが出来ると、英語はぐんぐん上達していきます。

1か月といわず、2か月、3ヶ月と続けていくことで、より一層効果があります。

休会は簡単にできる

とはいえ、海外に行ったら当分英語の必要がない、といった場合もあるかもしれません。スカイプ英会話はいつでも休会して1か月ごとの料金の引落としを止めることができるので安心してください。(時期などは会社によって違います)

また止めたいときは、完全退会せず休会するのが良いです。休会するメリットは、やりたくなったらいつでも再開できて、今までの履歴も残っているし、休会中でもテキストを見たり先生を検索したりが自由にできることです。

1か月で英語が話せるようになりたいならオンライン英会話

いくつかスカイプ英会話もありますが、私が今一番おすすめしているのは、瞬間英作文などの教材がそろっているDMM英会話です。

1か月みっちりやってみてください、必ず変化が感じられるはずです!

とはいえ、経験がない場合は不安だと思いますので、まずは無料体験レッスンから初めて見てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました