喜ばれなかったクリスマスプレゼント、ドイツの堅いケーキ『シュートレン』

家族が買ってきたこの『シュートレン』というお菓子。

b-img_0031

誰に喜ばれなかったかというと、私に喜ばれませんでした。

ドイツ在住の友人が教えてくれました。

シュートレンとは

ドイツのお菓子で、クリスマスになくてはならないものだそうです。

パンのようでもあり、ケーキのようでもあります。

ブランデーに付け込まれたドライフルーツが練り込んであって、ものすごく固いです。
真っ白な粉砂糖に包まれています。

数か月とか、すごく日持ちがするらしく、ちょっと怖いです。

食べ方は?味は?

包丁で、大根を切るように切れば切れます。

味は長型に入れて焼くフルーツケーキ(パウンドケーキ)の堅い版って感じでした。
白い砂糖も美味しかったです。

なぜ、喜ばないのか

他でもない、値段です。
2500円もするんですよ?
15センチくらいの大きさなのに、、、

それならシャトレーゼの大きいデコレーションケーキが買えます!

断りもなく買ってきたので「なんでこんなの買って来たの」と言ってしまいました。

という話を友人に話したら「ひどーい、可哀想、私だったら泣く」といわれました。

時節の風流を介さない人間でごめんねえ・・・

タイトルとURLをコピーしました