ブログカメラ

一眼レフでシルバーアクセサリー等の小物を撮影するための簡易スタジオを手作り

以前、アクセサリーショップの運営を頼まれて撮影したとき、段ボールで撮影ボックスを手作りして対応しました。
その方法を掲載しておきます。

自宅でアクセサリーの撮影

小物の撮影はプロに撮影を頼むと高額になりますが、一眼レフがあれば自分である程度なら撮影することができます。

私は以前スポーツカメラマンでした。
ある日、ブラジル人の知人から「カメラマンなら商品の撮影を手伝ってー」と頼まれました。

ところが、小さなもの、止まっているものを撮ることには慣れていません。
全然勝手が違うんですよね。。

でもそのブラジル人にはいつもお世話になっていたので、練習を兼ねてお手伝いすることにしました。

シルバーのような金属は普通に撮影すると、周りの色や形が写り込んでしまって見た目がよくありません。

↓このような写真スタジオを買えばいいのですが、今後仕事にするわけでもないのでわざわざ買うのは気が引けます。

そこで、手作り。

段ボールで簡易撮影ボックス

作るのは簡単です。

適度な段ボールをスーパーなどから貰ってきて、2面をくりぬきます。
そして内側に白い画用紙を貼ります。

こんな感じ

場合によっては、黒画用紙がいいかもしれませんね。

横に電気スタンド(学習机のスタンドみたいなのでOK)を置くのですが、そのままでは光の反射がキツイので

上部にトレーシングペーパーを置いて光をやわらげます。

映り込みを防ぐには?

鏡面仕上げのものなど、映り込みがはげしいものは、撮影している自分やカメラが写り込んでしまいます。

それを最大限防ぐためには、レンズに、段ボールをくりぬいて画用紙を貼ったものをとりつけます。

とっても雑な仕事ですが、これで充分なんです(笑)

ぴったりレンズのサイズにくりぬけば、レンズフードをつけると落ちません。

裏には黒画用紙を貼って、用途に応じて裏返して使うのも便利です。

撮影例

こうして撮った撮影の例を掲載しておきます。

白背景

ピアスのような挿しこめるものは、スーパーのお肉のパックに穴をあけてつるしました(笑)

黒背景

ツヤツヤの黒いオニキスなんかは、普通に撮影したら顔までばりばり写ってしまいます。

指輪は、アクリル板にグルーガンでくっつけて立たせました。
グルーガンでつけても、金属部分は傷みませんので安心です。

ブレスレットは布に巻きつけたりして演出するのも良いかと思います。

オークションやメルカリなどの出品にも効果的に使えるかもしれません。

以上、何かのお役に立てたら幸いです。

8

関連記事