動画配信 実況に使っているUSBコンデンサーマイク

[PR] 記事内には広告が含まれています。

私が動画配信や実況に使っているマイクはこちらです。

FIFINE USBコンデンサーマイク K670

開封の儀

Amazonから届いた箱を開けるとこんな感じで入ってました。

開けるとまずは取り扱い説明書とカードが入っていました。

取説は日本語でも書いてあります。

中はこのように入っています。接続ケーブルはUSBで、マイク側はプリンターとかの接続ケーブルと同じ端子でした。

付属品を取り出すとこんな感じです。

金色の小さい部品は別売りのマイクスタンドなどにつけるときに必要なので無くさないようにとっておきます。

組み立てるとこのようになります。

なかなかかっこいいです。

スタンドの高さが低すぎないかどうか心配でしたが、問題ありません。(感度がすごくいいです)

パソコンにUSBでつなげると、青く光ってカッコイイです。

特にドライバーなどは必要なく、すぐに認識しました。

裏側にイヤホン端子があってイヤホンが挿せるようになっています。

イヤホンはすごく音が大きく聞こえるので最初びっくりします。実際にマイクに収録されるよりも感度が多いので、雑音はそんなに気にしなくていいみたいです。

ポップガードを購入

ポップ音(くちゃくちゃする音?)が気になったので、ポップガードを買いました。

丸いタモみたいなポップガードを連想していたんですが、こちらの形のほうがスマートでコンパクトなのでこれを選びました。

二重の金網になっていて、ゴムで止める形式なので、結構どんな形のマイクにも合いそうです。

効果があるかどうかはイマイチわかりません(笑)

イヤホンも購入

最初、イヤホンはiPodについていたイヤホンを使っていたのですが、ホワイトノイズ(ザー)が多い気がしました。

マイクの説明書きを見ると、

16Ωより高インピーダンスのヘッドホンの使用を推奨します。低インピーダンス(16Ω)のイヤホンを使用すると、ノイズが出る可能性があります。

だそうです。

調べると、iPodのイヤホンは4Ωなんだそうです(不確かです)

なので、32Ωだというこちらを買いました。激安です。

これを使ってもあんまり変わらないような気が?しましたが、とくに問題ないのでこのまま使っています。

比較

ヘッドセットマイクは音が小さくてこもっています。ソフトでボリュームを上げていますので音は悪いです。

コンデンサーマイクは明らかに録音の音は大きくなりました。ソフトで音量を上げなくても良くなりましたので雑音などもかなり小さくなっているんではないでしょうか。

まとめ:USBコンデンサマイク感想

買って良かったと思います。力を入れて大きな声で話さなくても、私のぼそぼそ声を拾ってくれます。音もクリアではっきりしていて良いのではと思います。

もっといいマイクを使ったことがないので、比較がわかりませんが、明らかに今までのヘッドセットより良いです。

見た目もカッコイイし、今のところ不満はありません。

値段も5000円代ですごくお値打ちでした。

※2022年4月現在でも、スカイプヘッドセットとして使っています、頭につけなくてもいいのでカメラ写りがスマートだし音も明快です。