韓国語はじめの一歩、何からはじめる?

韓国語

韓国語学習の最初のステップは何からはじめると良いでしょうか?

1か月で韓国語ができるようになりたい

私が韓国語を始めたときは、好きな韓国アーティストの消息を知るために、韓国のファンカフェ(ファンクラブ掲示板のようなもの)に加入したいと思いました。

韓国のファンカフェは、一般会員に加入することは、翻訳機を使えば比較的簡単にできます。ですが、一般会員の状態だとファンカフェ掲示板の中身をほとんど見ることができません。

全部見られるようにするためには『等級UP』という制度があり、会員のランクを上げる必要があります。会員等級があがると、全ての掲示板が見られるようになります。

その等級UPのためには、アンケート試験のようなものがあります。韓国語の質問を理解し、答えを韓国語で、しかも結構な長文で書く必要があります。(各ファンカフェによってルールは異なります)

そのテストは、ファンではないと答えられない質問で、韓国人ネイティブですら、条件を満たしていないと落とされることがあります。

私は韓国語はハングルすら全く分からない状態でしたが、1か月で一発合格で成し遂げました。

その、1か月間でやったことをご紹介します。

ハングル文字の理解

まずなんといっても、基本は文字からです。

↑こちらの魅力的なタイトルの本がありますが、実はこれはあまりお勧めではありません

なぜなら、ハングルの形をこじつけで覚えるのが、かえって覚えづらいのです。さらに、音声がついていないのは致命的です。

ハングルの文字は、原則にのっとって覚えるほうが、あとあとのためになります。

ということで、私がおすすめなのはこちらの本です。

私が実際に使った参考書です。

実際3日でできます。私は週末金土日を利用して、楽しく一気にやりました。

音声もついているので発音も確認できていいです。

これでハングルの仕組みを知ることができました。

※ただし、発音変化など詳しいことについては省かれています。あくまでも最低限必須なハングルの知識だけは得られます。

ハングルキーボードを導入する

今の日本語キーボードのままで、WindowsでもMacでも、『キーボードの追加』をすればハングルが打てるようになります。

Windowsの場合、『設定(歯車)』→『言語』→『+(優先する言語を追加する)』で韓国語(한국어)を追加します。

ただし、日本語キーボードのままだと表示はありませんので、キーボードの並び順は確認する必要があります。

私は初心者の頃は、ハングルシールを貼っていました。

しばらくするとはがれてしまうんですが、がんばって見ずに打つ練習をしていると、シールがはがれる頃には、見なくても打てるようになると思います。

スマホアプリでも入力はできますが、ペン活(ファン活動)はパソコンのほうが便利なので、パソコンでできるようになることをおすすめします。

韓国語の基本文法を学ぶ

文字が分かったら、基本の文法を勉強します。

文法の参考書を買ってください、会話集ではありません。

これも、最初は最低限の文法でいいです。はじめから、分厚い文法書をやると挫折のもとです。

できるだけ分量の少ない、やる気が持続しそうな本を選んでください。

おすすめは、30課くらいで終わる参考書です。

私はこれを使いました。

ですが、刊行年が2004年(15年前!)と古いので、新しい参考書で自分に合いそうなものがあればそれが一番です。

↓同じ著者の方の、新しい本のほうがいいかもしれません。

かならず、読むだけでなく、書く練習問題がついているものを選んでください。

これをがんばって、1か月以内に終わらせてください。これで基礎は完了です!

Google翻訳を使う

なーんだ、翻訳を使うなら、最初からそれだけでいいじゃない?と思うかもしれません。

が、そうではありません。ハングル文字の基本と、基本の文法がわかるだけで、あなたの韓国語は見違えるように変わります。Google翻訳の間違いに気づくことができるんです。ときどきとんでもない翻訳違いがあります。

翻訳機でどうしても意味がわからないときも、ハングル文字と文法の知識があれば、辞書を使って調べることもできます。

ときどき、Google翻訳にそのままつっこんだような、おかしな韓国語を見かけます。時に失礼にあたり嫌われてしまうこともあります。

文法がわかると、教科書に乗っているような、正しい韓国語に直せるようになります。Google翻訳の助けを借りつつ、勉強した文型のなかから文を作れるようになりましょう。

google以外のおすすめ翻訳

私はPapagoというサイト(アプリもあります)を使っています。Googleで変な訳になるとき、Papagoのほうが自然な訳になることも多いです。

Papagoはこちら

オンライン辞書を使う

辞書は最初のうちはオンラインの無料辞書でもいいと思います。

私のおすすめはNaver辞書です

Naver辞書

キーボードでハングルが打てるようになれば、使えます。

1か月で韓国語はある程度できるようになる

ハングル文字と、基本の文法がわかれば、あとは翻訳機と辞書を使って韓国のサイトに書かれている文章を理解し、書きたいことを韓国語でおおよそ書けるようになります。

謎の象形文字だったハングルが、文字として見えるようになってきます。

まだ不自然な言い回しがあったり、発音についてはもっと勉強する必要がありますが、ファンカフェの等級アップくらいならまず間違いなくできるようになります。

これから先、表現力を増していけば、ファンレターも書けるようになりますし、ゆくゆくは韓国を自由に旅行して、韓国の人とお話しできるようになります。

まずは最初の1か月、走り出しが一番大変かもしれませんが、がんばってみてください!

タイトルとURLをコピーしました