英語

『女は英語でよみがえる』読書ノート

2008年、『女は英語でよみがえる』という本を読みました。

3ヶ月がんばる

毎日2時間、3ヶ月頑張ってください。200時間くらいでブレイクスルーが来ます。

精読多読どちらが重要?

インテンシブ(精読)VS エクステンシブ(多読)

どちらも重要です。

語彙を増やすために

語彙を増やすためには、いろいろな英語に接すること、それによってますます単語が増えます。

NHKラジオ講座の選び方

「英会話入門」「英会話」「やさしいビジネス英語(実践ビジネス英語)」の3つをまずは1時間弱聴く。

そして、3つのうち、自分のレベルにあった一つのテキストを丸憶え、書けるようにする。

好きだという気持ちがすべての始まりです。

単語集について

単語を単体で覚えるのでなく、ネイティブの文章で覚える

×get at = ほのめかす

〇 Exactly what are you getting at? =何をおっしゃりたいの?

何度もは何回?

何度もは10回ではない、少なくとも30~50回、できれば100回

そのためには、繰り返しても飽きない文章を選ぶこと。

はね駒というドラマで斎藤由紀さん演じる主人公は聖書を暗記していました。

リスニングについて

鍛えると、聞こえない音が聞こえてくる

女は英語でよみがえる感想

やはり上達の基本単位は3ヶ月なんですね。そして、単語を単体ではなく文章で覚えるというのは同意です。私は文脈でないとモノが覚えられないので、必然的にそういう覚え方になります。

繰り返しはつい5回くらいやったらOKとしてしまいますが、100回くらいやらないと暗唱はできないですよね。なかなか100回以上やって暗唱したくなるような文章にはお目にかからないものです。

英語の勉強法ですが、他の語学にももちろん応用できますね。

0

関連記事