音楽は耳だけでなく振動、体で感じるもの

音楽

AH102_L

音楽のハイレゾリューション領域は人間の耳には聴こえない。
けれど、明らかに違って聞こえるのは、振動を体感するから

・・・だとテレビで話していました。

舞台最前列で、マイクを通さない歌手の声を聴いたとき、まさにそれを本当に体感しました。

衝撃的でした。

音というのは、大気中の分子として空間中に漂い、
それが皮膚に当たったり、呼吸で吸い込むなどで
体全体、五感全てで音を感じ取ることと知りました。

それまでヘッドフォンから聞こえてくる良音質、高音質と思っていたことが、完璧に覆されました。

耳のみで感じられることには限界があります。

ただし高いヘッドホンやハイレゾ音源によって
聴こえない領域まで音幅を広げることによって、
聴覚だけでない、振動感覚として、
”疑似的に”体感するのは可能ではないのかとも思います。

もちろん耳だけ覆って聴くよりも、室内全体のサウンドシステムで感じるほうが
当然実際に近いでしょうね。

ハイレゾ再生可能というソニーのウォークマンに興味がありますが、
音源はCDの音源を変換することで何か変わるのでしょうか?

もともとの録音音源が良くなければ、変換しても不可逆なのではないかと思いますが。。

現状の音でも割と満足といえば満足ですけど、やはりライブにいって実音を感じたいものです。

タイトルとURLをコピーしました