ドメイン(アドレス)が大事 – WordPressをどこでするか

WordPressに限らず、ブログ、ホームページは”どこでやるか”が非常に重要です。できれば最初の段階で、長く続けられる場所を見つけましょう。
以下、ブログ、ホームページまとめて『サイト』と呼ぶことにします。

『アドレス』を意識する

サイトのアドレスは、ドメインとサブドメイン、ディレクトリの組み合わせです。

ドメインとは

example.com
example.net
example.org
example.co.jp

のような、サイトの『住所』のことです。

ブラウザの上のほうに表示されます

さまざまなドメインがありますが年間1200円程度から、誰でも取得できます。
世界にただ一つのものなので、取得は早い者勝ちになっています。

サブドメインとは

ドメインの前にくる文字列のことです

test.example.com

ディレクトリとは

ドメインの後に / をつけた文字列です。
パソコンのエクスプローラーの ¥ と似たようなものです。

example.com/test

無料ブログにもドメインはある

無料レンタルのブログも、もちろんドメインがあります。

アメブロは amebro.jp
FC2はfc2.com
などです。

これをユーザー固有のブログの住所にするために

amebro.jp/example
example.fc2.com

等という、ディレクトリ(/)やサブドメイン(.)を割り当てています。

検索エンジンやユーザーはアドレスから来る

みなさんがサイトを見に来るときは、何をたどってくるでしょう?
『お気に入り』でしょうか、検索でサイトの名前を入力するでしょうか?

いづれにしろ、サイトには、サイトのアドレスをクリックするなどしてたどり着くはずです。
アドレスが変わった場合、『ページが見つかりません』などの表示がされるはずです。

検索エンジンが見失うことも

サイトを別のアドレスに引っ越すと、一定期間は検索エンジンに登録されない場合があります。
また、引っ越し先が検索エンジンに新たに登録されたとしても、検索順位が下がってしまって、見つけづらくなる場合があります。

アドレスを変更しないために

誰にも見に来てもらわなくてもよい場合、アドレスを意識する必要はありませんが、
多くの人に見てもらいたい場合、また業務用のサイトなどで、名刺などに印刷してしまう場合など
できるだけアドレスは変更しないことが良いです。

そのために一番いい方法は

  • ドメインを取得する

です。

有料ですが、月額を考えると百数十円からなので、それほど負担ではないかと思います。

ドメインを買って、自分のサーバに割り当てます。
サーバを引っ越したら、引っ越し先にドメインを割り当てれば、アドレスは変わりません。

↓当サイトおすすめドメイン取得サイトはこちら

ドメインとサーバの関係については、また別のところで詳しく説明します。

どうしても無料が良い場合

  • 安定性のあるサービスを利用する

必要があります。

無料Wordpressのメリット・デメリット

WordPressの無料ブログは

wordpress.com

があります。

安定していて、とても早いですし、サービスが終了することは当面ないでしょう。
ただし、できることにかなり制限があり、また使い勝手も特殊でわかりづらいという意見を聞きます。

WordPressの無料サーバ

xfreeなど、無料サーバを借りて、Wordpressをインストールできるサービスもあります。

WordPressの全機能を使えるのが良いのですが、
サーバが安定しませんし、おかしな不具合も出ています(投稿画面が壊れるなど)

無料ブログでやりたいという方は、無理にWordpressにせず、無料レンタルブログでもいいのかもしれません。
無料レンタルブログのおすすめについては、別の記事で書きますね。

まとめ、アドレスを意識しよう

初心者の方はドメイン、アドレスの種類や難しい仕組みを覚える必要はありません。
ただ、自分のアドレスがどうなるかということだけ、意識しておいてください。

またアドレスが変わるとまったく別の住所になり、読者さんが見つけられなくなるということ。
ですので、アドレスはできるだけ変えないほうがいい、最初にいいところを見つけることが大事だと、まずはわかっていただければ大丈夫です。

タイトルとURLをコピーしました