15年以上前のフィギュアが加水分解でボロボロに崩壊してました

[PR] 記事内には広告が含まれています。

久しぶりに蓋を開けたら、大変なことになってました。

シド・ビシャス リアルアクションヒーロー

もういつ買ったとか忘れてましたが、写真のExif見ると2006年8月だったようです。ということは16年近く前。。

写真が悪いですが、”ケータイ写メ”なので(笑)

定価2万円ちょいだったと思います。なんで買ったかっていうと、ビシャス好きだったから。高校の時ね。でも知った時にはすでに〇んでたけど。。

その頃、バービー人形に凝ってたんですが、その後、断捨離マイブームが来て全て処分。(友達や姪に譲渡)

このシドビシャスも処分の運命だったのですが(ヤフオクで売るつもりだった)、家族が欲しいというので譲りました。

そして、最近私がまた人形熱が復活し、物持ちの良い家族に聞いたところまだあるということで出してもらいました。

合皮の悲劇、加水分解

飾らず押入れに入ったままだったので、箱の状態はほぼ良好。

16年ぶりの再会、かつての私の推し君よ・・・

このときはまだあんなことになっているとは・・・

ぎゃーっ

なんじゃぁこりゃーーーー

最初、虫が湧いてるのかと思いました。。

合皮の革ジャンが、加水分解で崩壊していたのです。

触った手がタールのようにべとべとに・・・

もうこれは服を脱がすしかないと思ったら・・・

手ももげました・・・接合部が弱っていたのかな?

合皮の加水分解とは

合皮とは、フェイクレザー、生き物の皮に似せた、合成化合物のニセの皮です。

PU(ポリウレタン)とかPVC(ポリ塩化ビニール)などの種類があります。

私は家具の会社の仕事をしていたことがあるのですが(サイトを作る仕事ですけど)、高級ソファ―などに使われるのはPUで、とても柔らかくふんわり肌触りがよい合皮です。

PVCはつるっとしていて固く、公共や病院などの待合室ソファーなんかに使われています。私はカリモクのカリモク60というレトロなソファを持っているのですが、それもPVCです。

で、PVCの場合、割と水とかに強いのですが(水をはじくので、夏とか肌に直接つくと不快)、PUはまじで水に弱いです。PUのほうが値段が高いのにです。

だから、高級ソファー買って毎日マメに水拭きしてお手入れするお家などは、すぐにボロボロになってしまいます。

そして、加水分解は何をしても止められないし、直すこともできません。

私のお気に入りのヘッドホンも崩壊しました。ヘッドフォンのイヤーパッドの部分も、やわらかくふんわりする必要があるのでPUが使われることが多いと思います。

これは避けられぬ運命なのです・・・

PVCの寿命は2年くらいだと聞きました。使用状況によってはもっと持ちますけどね。

やっぱり皮ジャンは、本物の皮でないとだめね・・・

残りはリカちゃんに着せました

布のベスト・ズボンと、プラスチック?のブーツ、そしてベースは無事だったので救出。

というわけで

リカ・ビシャス爆誕・・・・ッッ!!

ズボンもブーツもリカちゃんにはブカブカでしたが、写真撮る分にはサマになってます。

サングラスはシドフィギュアの顔が細すぎたので、リカちゃんにははめられず、カチューシャにしました笑

ベース(ギターじゃないよ笑)は、さすがに高いフィギュアのものとあって、細密に作られてます。

もうシド君はどうすることもできないので、さよなら、ありがとう。

私は今の推し君と生きて行くよ・・・