アクリル画用パレットに、ガラス板を買ってみました

アメリカのオンライン講座、Craftsyで、アクリル画の作家さんが、ガラス板をパレットに使っていました。

ガラス板をパレットに使うというのは、欧米では割と一般的なことのようです。

日本ではあまり聞いたことがないですね?

アクリル板だと絵の具が固まるとくっついてしまうのですが、ガラス板だとスクレーバーで削れば簡単にとれるそうです。

ガラスのパレットというのも画材店では販売していません。

ガラスの板なら何でもいいらしいんですが、いざ欲しいとなってもなかなかないもんですね~。ホームセンターにもありませんでした。

ということで、アマゾンで売っているものを買ってみました。

f:id:jahyang:20220209220401j:plain

A4サイズくらいの大きさ。

強化ガラスということで、丈夫そうです。

フチも削ってあって、手を切る心配もない感じ。

絵の具を削るために、スクレーパーも買ってみました。

絵の具削りだけじゃなく、お掃除とかあると結構便利でした😅

ガラスパレット使用の感想

下に白い紙を敷けば、色も良く見えてよいです。

広さもまあまああるのですが、紙パレットに比べると、後始末がやっぱりちょっと面倒。

絵の具が固まったら削り取れるのですが、削り取るのが面倒で(どこまで面倒くさがりなんだw)

紙パレットくしゃくしゃ~ポイのほうが楽かなぁ
紙パレットの欠点はコストだけですね。

絵を描くのに画材をケチってはいけないというけれど、使いやすいのが一番ですね。

ガラスパレット、、どうかなぁ、、
もうちょっと、検討します。

タイトルとURLをコピーしました