カラーブラシペン・マーカー画:絵を描く手帳に推しを描く、カラーインクの色は綺麗だけど保存に難

[PR] 記事内には広告が含まれています。

いろんな画材に挑戦シリーズ。今回はカラー筆ペンです。

ちょっと前に、アマゾンで売ってる48色のカラー筆ペンセットを買いました。

f:id:jahyang:20220212185125j:plain

コピックのようなアルコールマーカーに慣れなくて、水性筆ペンのほうが自分は扱いやすいかなと思ったのです。

とっても大きくて邪魔!😂

f:id:jahyang:20220212185255j:plain

さすが安物だけあって、ペンの軸に色番号など書いていないので、マスキングテープ貼って自分で描きました(下の金色の部分)

水筆が付属してたんですが、写真では取り外してあります。

筆で直接描いてから、水筆ぼかしてもいいし、自分は梅皿に一度インクを擦り付けてから、水筆で描いてみたりしました。(それだとカラーインクと同じやんって感じです笑)

f:id:jahyang:20220212185603j:plain

発色は綺麗、透明水彩よりもだいぶ綺麗です。さすが染料インク。

ただ、ネットに上げるときの色の再現性が難しいです。↑画像ソフトでかなりコントラストと彩度を上げています。

また、色褪せも早いので、持続して欲しいイラストには使えません。すぐにデジタル化する必要あり。でもスキャナーでは色が綺麗に出ない!

スマホで撮ってできるだけ綺麗に処理するしかなさそう。。

手帳に書く場合は、普段は日光にさらされないので多少は持つかもしれませんが、経年劣化も早そうですね。。プレゼント用のイラストには向かないでしょう。

ちゃんと長年保って欲しいなら、それなりの絵の具で描くべきですね。

プレゼントする予定は今のところないですけど。

別の絵で制作過程をご紹介

f:id:jahyang:20220212221152j:plain

下絵をいつも通り画像をもとにして書きます。まだ元画像がないと何一つ描けません。

ただ、下描きの時点のイメージは、色を塗っていくとかなり変わってきます。
最近やっと自分で少し変えて(イメージを誇張するなどして)描けるようになってきました。

左側のページは、前のページもカラー筆ペンで描いたので裏うつりしているところです。直接筆ペンで描くと激烈に裏うつりします。

f:id:jahyang:20220212221318j:plain

そっとそっと色を載せていきます。透明水彩絵の場合、この紙だと滲みの境界線が汚く出てしまうのですが、筆ペンのカラーインクはそうなることがないので、綺麗に作業を進められます。

f:id:jahyang:20220212221517j:plain

グラデ―ションもかなり綺麗です。

f:id:jahyang:20220212221536j:plain

濃いところを下手に書き込むと(自分は下手なので)絵がダメになってしまうこともあるので恐る恐る描いていきます。

モヒカンの刈り上げたところの網目とか、何が悲しくて自分はこんなものを描いているんだろう笑

f:id:jahyang:20220212221715j:plain

そうそう、この絵を描く前に、『ホルベイン・マルチサイジング』を塗っておきました。

これを塗っておくと多少滲み止めになるようです。

劇的にという感じはないかもしれないですが、塗っておくと多少は筆の滑りが良くなる感じがします。

でも濡らすので紙はざらつきます。

f:id:jahyang:20220212221824j:plain

一応完成・・・と

この絵、結構推し君を知らない人からも評判が良かったです。

色が綺麗なのいいなー。。こんな色あいで、堅牢なイラストを描くことができないものだろうか?

ちなみに、自分が持っているスキャナー(brotherプリンター DCP-J983Nの付属スキャナ)で取り込んだ結果がこれです。

f:id:jahyang:20220212222130j:plain

色が死んでいる・・・😭