WordPressの種類

[PR] 記事内には広告が含まれています。

WordPressには、大きく分けて『レンタル型』と『インストール型』の2種類があります。

レンタル型Wordpress

WordPress.com: サイトを構築、商品を販売、ブログをスタート、その他多数の操作
WordPress.com に登録すれば、無料のサイトやブログを簡単に作成できます。カスタマイズ可能な何十ものモバイル対応デザインやテーマをすべて無料で利用できます。ホスティングとサポートも無料です。

wordress.com で無料から利用できるレンタル方のWordpressです。
一般的なレンタルブログ(Livedoorやアメブロ、Seesaaなど)と同様に、メールアドレスとパスワードを設定するだけで、すぐに利用することが可能です。
デザインを変更することも可能ですが、ドメインを設定したり、広告収入を得ようとする場合は、別途有料となります。
また、外部のテーマをインストールすることはできません。
また、後述するインストール型Wordpressとは管理画面が異なります。

インストール型Wordpress

ブログから大規模サイトまで作れる CMS - WordPress.org 日本語
簡単に美しいサイト、ブログ、アプリを作成するのに使えるオープンソースソフトウェア。

wordpress.orgで配布されている、無料のブログプログラムを、自分のサーバ(インターネット上の場所)にインストールして使うものです。
一般的にWordpressという場合は、こちらのインストール型を指すことがほとんどです。

WordPressの全ての機能を使うことができますし、外部テーマを使ったり、自在にデザインやプラグインをカスタマイズすることが可能です。
WordPress自体は無料ですが、サーバやドメインに利用料金がかかります。

どちらを選べばいいの?

ブログというもの自体に慣れていない方で、とりあえずWordpressに触れてみたいという方は、最初はレンタル型からはじめるのが良いかもしれません。

WordPressをいろいろいじって練習してみたい方は、無料のインストール型Wordpressもおすすめします。

ブログは後で引っ越すことは可能ですが、アドレスが変わったり画像の調整が面倒ではあります。

最初から長く続けることが決まっている方、ブログで収入を目指す方は、最初からレンタルサーバを有料で借りて、インストール型を使うことをおすすめいたします。