『BEATS BY DR.DRE Bluetooth ワイヤレスヘッドホン』が手放せない理由

ブログ
Beats By Dr.Dre

毎日愛用するモノ、捨てないモノ、最小限の荷物にも入れるモノには、理由があります。

このヘッドフォンを買った理由

大好きなボーカリストがこのヘッドホンをしいてた姿が素敵だったから。
レコーディングにこだわる彼の曲を、最高音質で聞きたくなりました。

アップル公式ストアで買いました。
私にとっては3万円のヘッドフォンは高い買い物でしたが、正解でした。
Bluetoothワイヤレスも便利でした。

このヘッドフォンの利点

ケーブルがない

とにかくワイヤレスは快適の一言につきます。
引っかかる心配が一切ありません。

これに味を占めてしまうと、もうWired(有線ヘッドフォン)には戻れません。

私は特に、入院していたときの大部屋で、iPadを使ってHuluを見ていたのですが、ものすごく重宝しました。

もちろん、横を向いて寝てしまうと、ヘッドホン部分が壊れそうだから、気を付けないといけませんが。

オーバーヘッドのヘッドフォンは、耳に差し込むワイヤレスイヤホンよりもさっと外せてスマート。
イライラするケーブルの絡みがありません。

デザインがとにかくかっこいい

看護婦さんがきても、さっと外して首にかけることができます。

ヘッドフォンを首かければ、ほら、クールでファッショナブル(笑)

音漏れがほとんどしない

よほどの大音量で聴かない限り、周囲に音が漏れることがありません。
人に聴かれるとちょっと恥ずかしいドッロドロのバラードも、ぞんぶんに堪能できます。

ノイズキャンセリング機能もあるので、外の雑音もカットしてくれます。
ただし、周りの音が聞こえないので、外出先では注意したほうがいいですよ。

かなり離れてもBluetoothが聴ける

私の家は木造2階建てなのですが、iPodTouchを1階の部屋に置いたまま、2階の部屋にいっても聴けるのには驚きました。

Bluetoothの設定は簡単で、iPadでもiPod Touchでも、カンタンにすぐに繋がります。
複数ののデバイスで使う場合、どちらかのBlueToothを切っておく必要がありますが、その操作も慣れれば簡単です。

ヘッドホンのリモコンスイッチが便利

再生、停止、曲のスキップ、頭に戻る、ボリュームコントロールが全てヘッドホンの耳の部分のスイッチでできるので、とても重宝します。

いちいちロックを解除(もしくはホームボタンダブルクリック)しなければ調節できないiPodTouch本体操作よりも簡単です。

長時間かけても痛くならない

私は耳がデリケートで、ちょっとの刺激ですぐに耳が痛くなってしまうのですが、これはかなりの時間つけていても大丈夫なんです。

ヘッド部分は伸縮できるので、頭の大きさにあわせて調整できます。
私の頭は標準サイズ、小さいほうではありません。

ヘッドセットマイクロホンとしても使える

マイクもついているので、電話通話やスカイプなどにも使えます。
iPadなどで検証済み。

ただ、PC(Windowsパソコン)のほうは接続がいまひとつうまくいきません。
繋がることは繋がりますが、フリーズしたりするので、面倒になって深く追求するのはやめました。
あくまでも音楽デバイス用と思うほうがいいですね。

音質が素晴らしい

Bluetoothって有線のヘッドホンより音質が劣るのかも?と思っていたけど、危惧でした。

私の耳がそれほど優れていないのかもしれませんが、良すぎて周囲の生音かと思ったくらいです。

あまりに音質が良すぎるので、歌手の声まで変わったように感じて最初は驚きました。
最高音質で聴きたくなり、それまであった全てのMP3を、CDからとり直しました。

弊害としては、Youtubeの劣化したMP3など、音質の悪いものが、とてもじゃないけど聴けなくなってしまったこと。
これはもしかしたら、欠点といってもいいかもしれないですね。。

電池のもちが非常にいい

1時間弱の充電で10時間もつという驚きのパフォーマンス。

10時間あれば、ほぼ1日中聴けるので、ワイヤレスの電池もちを心配する必要がほとんどありません。
充電時間も早い、しっかり測ったことはありませんが、パソコンのUSB端子に挿して、1時間もしないうちにフル充電になる気がします。

他にもBluetoothイヤホンを持っていますが、電池のもちせいぜい4時間。
これだと、ちょっと外出するとすぐに聴けなくなってしまいますよね。

ただし、イヤホンとヘッドホンを比べると、電池部分の大きさが違うので、それは仕方のないことかもしれません。

このBEAT以外の他のワイヤレスヘッドホンについては、持っていないのでわかりません。同じかそれ以上の電池持ちのものがあるかもしれません。

ここは今ひとつ

夏は少し暑いかも?

耳の部分はソフトレザー(合皮)で通気性もなくピッタリ密着するので、夏はすごくムレます。
逆に、冬はイヤーマッフル(耳当て)がわりにもなって良いです。

バッテリーが切れたら聴けない

当たり前ですが、繋ぐ線がないので、バッテリーがなくなれば聴けなくなります。
充電が終わるまで、待たないといけません。

※ただし、私の持っているものは旧型で、ワイヤレスオンリーなんです。
現行モデルはプラグケーブルも付いているのでバッテリーが切れても、ケーブルをつなげば聴けます。
うらやましいです、、、欲しくなるなぁ。。

PCとの接続がいまいち

前述したように、モバイルデバイスにはすぐつながりますが、PC(Windows)との接続ができたりできなかったりします。
認識・解除をくりかえしていたら一度、うんともすんともいわなくなって、故障か?と焦ったことがあります。

Androidはまだ試していません、ごめんなさい。

※追記:USBにいろいろと機器がささっていると干渉するようです。

故障かな?と思ったら

電源ボタンと中央ボタン長押しして、何度かやっていると、あるタイミングで復旧します。
どういうタイミングかはよくわからりません。適当にやっていたら直りました。

サポートはアップル公式で

私が買った時は、アメリカのメーカーに英語で直接サポートを依頼しないといけなかったのですが、現在、このヘッドホンのメーカー(Beats By Dre)は、正式にアップルの子会社になっているので、アップル経由でサポートが受けられます。

ニセモノに注意

このヘッドホンは、とにかく偽物がものすごく多いです。アップルかメーカー直売以外、信じないほうがいいですね。

とくに値段が安売られるということはまずありえません。
Amazonやヤフオク、楽天市場などで安価なものを見つけても、まず偽物と疑ったほうがいいです。

余談ですが、私の知り合いのブラジル人が某ショップモールでモロの偽物を売っているのを見てしまいました(笑)
ワイヤレスではありませんでしたが、ロゴもはいっていて、なんと1900円。
どんな音か逆に興味がわきます。

箱はすごくしっかりしてて本物っぽいから怖いんですよね。
もちろん、中国から仕入れているそうです。

Beats by Dr.Dre ワイヤレスヘッドフォンのまとめ

これを買う前までは付属のイヤホンで十分だった私。
特にオーディオマニアでもなかったので、こんな高いヘッドホンは買ったこともなかったです。

買うときは勇気のいる高い買い物でしたが、十分値段の価値はありました、買ってよかった。

これが壊れたら、最新の同機種に買い換えると思います。
最小限の荷物にする時も、これは最後まで持っているモノの一つになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました