Pear をファイアバードにインストールしたときのメモ

pear

PHPのCache_Liteなどを導入するときに必要なpearを、レンタルサーバFirebirdにインストールした時のメモです。

ちょっと古いメモ書きだったので、(いつのものかは失念)役にたたないかもしれませんが、残しておきます。

こちらを参考にさせていただきました
– http://ameblo.jp/konica/entry-10144378779.html

上のブログさんは、エックスサーバーの場合ですが、ファイアバードもほぼ全く同じ仕様です。

/public_html内に ”pear”という名前のフォルダを作成する。

セキュリティのため、サーバーコントロールパネル上で、作成したpearフォルダに対し、アクセス制限を”ON”に、アクセスできるユーザーを作る。

pearフォルダのパーミッションを755に設定。

http://pear.php.net/go-pear
にアクセスし、テキストをコピーする。

空のファイル install.phpを作成し、コピーしたテキストを貼付けてpearフォルダにコピーする

/pear/install.php にブラウザからアクセスする

go-pearのインストールページが表示されるので「NEXT>>」をクリック

Configuration画面のデフォルトのままで、画面最下部の「Install」をクリック

Installation in progress …という画面で暫く待つ

100%になれば、完了
100%にならなかったり、途中で止まることもあるが、問題なくインストールできていることがある。

PEAR Installation pathをメモしておく

Start Web Frontend of the PEAR Installer >>
をクリック するとエラーになるが、

ini_set(‘include_path’, ‘/home/アカウント名/ドメイン名/public_html/pear/PEAR’);
でOKになった

以上。



50GB、月額525円~の高機能サーバFirebird(ファイアバード)
エックスサーバーにあるシェル接続と7日間バックアップ機能はありません、それ以外の仕様はほぼ同等か同じレベルです。
コントロールパネルのデザインは違いますが、似ているので、エックスサーバーになれていると使いやすいです。
自分にはサブのサーバにぴったりでした。

タイトルとURLをコピーしました