シンプルライフ

ソウル白熱教室

録画していたのを初めてみました。
見たかったソウル大学のキム・ナンド先生の講義です。

「つらいから、青春だ」を読んで、読んでいる間は癒されるけれど、そのあと具体的にどうすればいいのか、その内容を詳しく掘り下げてくれていました。


つらいから青春だ

就職進路に悩む学生向けの講義ですが、私のような大人?にも参考になる話でした。

収入の低いほうを選べ
将来性のないところを選べ
親や婚約者が反対する職場なら間違いない

・・・など、承服できなかったこともなぜそうなのかが納得がいきました。

今の時代、一生安心のエスカレーターはない。大企業に入っても保障はされない。
一歩一歩階段を登るように進んでいけるところがよい。

最初の就職が大事なのではない、一番大切なのは最後の職業だ、と。

私が人生最後から逆算して、最後の職業は何がいいのか、そう思うと、これから先の道がすこし見えてきた気がします。

若者はスマートフォン、学んでいろいろ試さないのは、高機能のスマートフォンを通話にしか使わないのと同じだという話。

スペック(性能)ばかりを追いかけてしまうが、大切なのは専門性だという話もありました。

皆が鴨(飛べて、陸も歩けて、泳げる鳥)になりたがっているが、飛ぶだけなら鷲のほうがいいし、泳げるだけならクジラのほうがいい。
あなたが社長なら飛ぶ仕事は鴨でなく鷲に頼むだろうと。。

これはすこし、耳が痛かったですね。私は完璧に鴨なので。。
何かひとつ、芯となるものを作れということでしょうけれど、今この年から何ができるのかと。

自分の全盛期は何歳なのか、が第一回講義のタイトルでした。

学生は28歳~30歳が自分の全盛期になるだろうと答えていましたが、30歳以上の人は「人生は60歳から」「45歳の今が全盛」と答えていました。

私の全盛期はいつか、30歳あたりが振り返ってみれば全盛だったような気がしますが、もしかしたらこれから先があるのかもしれません。
子供が手が離れた今からこそが全盛期なのかも。

子供の教育費がこれから先まだ少しかかるものの、ある程度のたくわえと先がみえた今、学生時代よりも不安なく「収入の低い」「先の見えない」「親が反対する」職業を選べるときかもしれませんね。

0

関連記事