リンパ浮腫 足日記 2019年10月悲惨です

ブログ

日々どんどん太くなっていっています。。。

リンパ浮腫の状況

リンパ浮腫は悪くなることはあっても良くなることはない、、、そう担当医に言われました。

担当医じゃない別の科のお医者さんには、「そんなひどい言い方しなくてもいいのにねえ」と言われましたが、、

実際問題、日々悪くなって行っています。

6年前にUPした画像と比べると一目瞭然です。

現在はこうです。

足首を曲げるのも不自由なくらい腫れてきました。

右足首が特にひどいのは、去年の1月に足をくじいたのと、今年の1月にやけどを負ったことでした。くるぶしの上あたりにある丸い傷跡がいまだにシクシクします。

リンパ浮腫になったらやっちゃいけないこと全部やってる感じです…。

傷の治りが本当に悪くて、皮膚科のお医者さんも戸惑っていました。

両足の比較、、最近心なし左側も腫れてきたみたいで憂鬱です。これどうすればいいんでしょう。

指先が膨れるのを防止するためにトウキャプをしています。これ6000円するんですよ。きつすぎてぜんぜん快適でもないのに。でもしないともっと不快なのでするしかありません。

さらに不快な弾性ストッキング(25000円)をはきます。嫌だけどでも履かないともっとひどいことになるので履くしかありません。これ年取ったら無理でしょ。絶望的過ぎて生存が面倒になります正直。

リンパ浮腫は死ぬほどつらい

こんな感じの足元です、このストッキング一年中。おしゃれもへったくれもないですね。この姿を友達にやだーなにそれーと笑われたことがあります。私ががんの事を説明したら黙りましたけどね。

なんだか太っているみたいな足元でしょう?私は栄養失調と診断されるほど痩せています。

しかも痛いんですよこの足。痛いと訴えても今の医療ではどうしようもない(というかリンパ浮腫は痛くならないといわれる、現実痛いですから!)だから訴えは無視されています。

こんな質問を目にしました。

リンパ浮腫で常に高額な弾性ストッキングを着用しなければならずつらい。
リンパ浮腫で常に高額な弾性ストッキングを着用しなければならずつらい。

リンパ浮腫で常に高額な弾性ストッキングを着用しなければならずつらい。 (患者本人、40代、女性、子宮、2003年版)

リンパ節を切除した後遺症のリンパ浮腫が左足に発症し、常に高額な弾性ストッキングを着用しなければならないこと。左足が気になってスカートが履けなくなり、ズボンもデザインが限定される。正座ができない。

この解答をサイトで見て欲しいんですが、補助金のこととか事細かに書いてますが、そんなん知っとるっつーの、全部とっくにやっとるっつーの。そういうこと訴えていてるんじゃねいわ!と思いませんか?

リンパ浮腫に実際なってない人にはわからないんでしょう。

Googleの健康アップデートのせいで、悩みを検索しても出てくるのは医療機関とかの無機質な答えばっかり。実体験している人の匂いのするブログが見たいんだよこっちわ、、と思っています。

それにしてもこんなこと(リンパ浮腫)になるとわかっていたら手術のときにリンパ節郭清をしないようにお願いしてたかもしれません、タイムマシンで戻れるならそうしてたかも。そうしたかった。

足の現実と向き合うとほんとうに欝々とした気分になります。

タイトルとURLをコピーしました