ブログ所持品

包丁が切れなくなったら砥石(シャープナー)の買い替えがベスト

25年以上使っている包丁があまりにも切れなくなりました。

今まではゾーリンゲンのシャープナーを使っていましたが(捨ててしまって写真撮り忘れました…)

関孫六のシャープナーを使って生まれ変わりました。

包丁が限界かと思った

切れ味が悪くなると、シャープナーを使って研いでいましたが、それを何回やっても切れ味が復活しなくなりました。

「もう25年以上も使っている包丁、さすがに包丁が寿命なのでは?」と考え、包丁の買い替えを考えました。

包丁よりも砥石を疑え

よくよく考えると、自信をもって使っていたゾーリンゲンのシャープナーも10年以上使っています、もしかしたらこのシャープナーが悪いのではないかと考え、新しいシャープナーを買うことにしました。試しにね。

関孫六ダイヤモンド&セラミックシャープナー

↑こちらの商品を買いました。

理由は、関(刃物の街岐阜県関市)の製品だから信頼がおけそうだということです。

今まで使っていたシャープナーは溝が1つでしたが、この製品は3つあります。

粗削り→刃たて→仕上げ の3段階です。

誇らしげな『関孫六』のロゴ
カバーに収納したところ

デザインはどことなく日本刀のつかをほうふつとさせますね。

研いでみた感想

明らかに今まで使っていたシャープナーとゴリゴリ感が違いました。しっかり研げているという感じです。

3段階ということで、面倒じゃないかなと思いましたがそんなことはなく、10回、10回、5回と合計25回ほど包丁を挿しこんで引くだけなので簡単でした。

よみがえった切れ味

キャベツもろくに切れなかった包丁が完璧によみがえりました!

ステンレスの包丁ですが、刃物は寿命が長いことを改めて知りました。

これでまた10年先まで使えるかな?

包丁が切れ味悪くなったら、捨ててしまわないで、シャープナーをかってみられることをおすすめします。

9

関連記事