韓国語

韓国語教室には通いたくないその理由

私の近所には韓国語教室がありますが、通いたくありません。

韓国語教室に通った方がいい理由

もちろん、教室に通った方がいい理由はたくさんあります。独学でやるよりもメリットは大きいはずです。

仲間ができる

語学の勉強はつらいものです。勉強を一緒にやる仲間がいると、競争心が芽生えたり、励まし合ったりして、くじけそうなときにもモチベーションにつながります。

プロの先生の手引きが得られる

教室の先生は教えるプロです。独りよがりの勉強をしているよりも、確実に正しい方向へ導いてくれます。自分の間違いにも気づくことができます。何より先生の指導でどんどん上達していくことができます。

強制力になる

一人で勉強していると、いつでもやめることができますが、教室に通っているとお金を払っているので元を取ろうとする強制力が働きます。また家でやるとどうしても怠けてしまいがちですが、教室に来れば程よい緊張感で勉強を集中して行うことができます。

教室に通いたくない理由

こんなにいい効果のある教室ですが、私は通いたくなくて今に至っています、その理由は以下です。

仲間はいらない

教室で出会う勉強仲間が、必ずしも気が合う仲間とは限りません。さらにレベルの違いもあるかと思います。勉強だけのことならまだいいのですが、私生活まで交流するようになって、性格が合わない人だったらどうでしょう、その人のために韓国語が嫌になってしまうかもしれません。

出掛けるのが嫌

私は家にいるのが大好きなので、週1回でもどこかに出かけると体力を消耗してしまいます。往復の時間、化粧する時間、服を考える時間など、時間がもったいなくも感じます。だいいち、週に1度くらいみんなと一緒のところで習ったところでそんなに進展があるとも思えません。もっとスピーディに勉強を進めたいので教室には行きません。

SNSにさらされるのが嫌

近所の韓国語教室の先生はブログをやっていて、頻繁に教室の模様をUPしています。インスタもやっていて、和気あいあいとした雰囲気をあげています、が、その中に加わるのは嫌すぎます。まあ避ければいいんですけど、そのノリが苦手だったりします。

オタバレする

私はすごくすごく好きな韓国アーティストが居ました。好きすぎてばれるのが怖かったんです。教室だと必ず自己紹介をしなければならないじゃないですか、そのときにうっかり口を滑らせたら最後、どんな空気になるかわかります。そしてずっと○○の人と認識されるんです。そんなこといたたまれません。行きたくない理由としてはこれが一番大きいですね。

教室に行きたくない理由がなくなりつつある

なんだかんだいって実は、最近オタ卒したのでばれて困ることはなくなってきたんですよね。人付きあいもまあうまくやれば乗り越えられそうですし、あとは自分に合ったレベルの教室があるかどうか。近くの民団(朝鮮人会館)で日本人オッケーなら行ってみようかななんて思ったりもしてみます。

ただ、出かけるのが億劫なのは変わらないので、家でやるマンツーマンのスカイプレッスンが私には一番合っているようです。

0

関連記事