ブラウザはGoogle Chromeを使おう

お役立ちコラム
0

パソコンでペン活するには、何かと便利なブラウザGoogle Chrome(グーグル クローム)を使いましょう。

ブラウザとは?

インターネットのウェブサイトを見る窓アプリです。
みなさんが意識しないでネットを見ているときは、このブラウザを使っています。

Windows10についているEgdeじゃだめなの?

Windows10は何もしないでいるとEdgeというブラウザが自動的に使われます。


このマークです。

Edgeは、検索結果が少しおかしいのと、自動翻訳が標準でついてきません。

ペン活には少し使いづらいのでChromeをおすすめします。

Mac、iPhoneだけどChromeは必要?

私はiPhoneではありませんが、MacbookとiPadを持っています。

Mac,iPhone使用でもChromeは便利です。
Gmailは一つ持っておくと便利ですし、パソコンとスマホでブックマーク(お気に入りページ)を引き継いだりできます。

Google Chromeのインストール

お使いのブラウザでChromeを検索します。

広告に気をつけながら、正規のダウンロードサイトを見つけます。

このページからダウンロードします。

このような画面が出たら『同意してインストール』

このような表示が出たら実行をクリックします。

もしくは

Chromesetup.exeをダブルクリックします。

どこにいったか分からない場合は『ダウンロード』のフォルダを見つけてください。

既定のブラウザをChromeに変更

インストールできただけでは、既定のブラウザ(優先して開かれるブラウザ)がEdgeのままですので、Chromeに変更しておいたほうが便利です。

画面左下の検索窓に

既定のブラウザ

と入力して検索します。

一番上の『既定のアプリの設定』を選びます。

すると、このような画面が出るので、

Webブラウザーのところの
Microsoft Edge になっているところをクリックします。

出てくる一覧の中から、『Google Chrome』を選びます。
※表示は私のパソコンの場合なので、お使いの状況により違う場合があります。

『切り替え前に』と表示され、変更を止まらせるメッセージが出てきますが、

『強制的に変更する』
をクリックします。

(問題ないので安心してください)

これでWebブラウザーがChromeになりました。

Chromeで自動翻訳

Chromeで外国語のサイトを開くと、自動的に翻訳のボタンが出てくる場合があります。

もしくは、ブラウザのアドレスバーの右側の

このマークをクリックすると出てきます。
元の言語に戻す時もこのボタンです。

もしくは、画面上の右クリックでも『日本語に翻訳』が出てきます。

時々おかしい翻訳もありますが、かなりの部分で助かるはずです。

無事翻訳できています。

※Daumカフェなど、翻訳機がそのままでは使えないサイトもあります。
そういったサイトの内容を翻訳する方法は、別記事で書きます。

0
タイトルとURLをコピーしました