明色化粧品「奥さま用アストリンゼン」がなかなか良かった

ブログ

明色化粧品 奥様用アストリンゼン

私は本当に敏感肌で、合わない化粧品が多いんです。

「奥さま用アストリンゼン」が気になって

極力肌に何もつけたくないんですが、BBクリームを付ける前の収れん化粧水が欲しくなりました。

ふと、ドラッグストアの片隅で目にして買ってみました。

「奥さま用アストリンゼン」

明色化粧品について

明色化粧品というのは本当に昔からあります。

ドラッグストアや小さな薬局の片隅に、必ず置いてるのをみたことありませんか?この化粧水。

明色化粧品は安全な原料にこだわっていると、企業理念に記載してあるのが素敵です。
http://www.meishoku.co.jp/company/

最新の研究に基づいた画期的な成分もいいけれど、何十年も続いている製品は、やっぱりいいものは長く続くということのようです。

アストリンゼンという名前

知ってはいたけれど、買ったことはありませんでした。

アストリンゼンという名前から、なんとなくヒリヒリするのではと思ってしまっていました。

ですが、実際につかってみると全く違っていました。

刺激もなく、すごく肌が潤いまいた。

奥様用アストリンゼンのにおい

ただ、香りというか匂いが、かなり特色があります。
まさに『おばあちゃんの鏡台のにおい』というか、、。

無香料の奥さま用アストリンゼンもあります。
私は、化粧品は絶対的に無香料が好きなんですが、なつかしさもあって、今回はあえて香料入りをチョイスしてしまいました。

なんだか嫌いじゃないです、この香り。昭和って感じで懐かしい。

お値段はリーズナブル

定価は735円なんですが(当時)、ドラッグストアで480円で売っていました。

アマゾンではどうでしょう。

奥様用アストリンゼンの使い方

コットンで叩いてもよし、手でパシャパシャやってもよし。
安いからふんだんに使えます。

敏感肌にとって

私のお肌は探知機のようなもので、合わない化粧品は少しつけてたら一瞬でヒリヒリ・痒くなることも多かったのですが、これは全く大丈夫でした。

潤いも長時間持続する感じです。

ガラス瓶について

ガラス瓶は風情があって可愛いんですが、ごみが困ります。
そこだけがこの商品の欠点かもしれません。

明色化粧品「奥さま用アストリンゼン」の詳細

公式HPより。
http://www.meishoku.co.jp/catalogue/ms/

敏感肌用保湿化粧水

敏感になりがちなお肌に。 乾燥によるくすみ・しわ・肌あれなどが気になる敏感になりがちなお肌にうるおい成分がはたらきかけ、お肌のキメをすこやかに整えます。
ヒアルロン酸・セリン・ローマカミツレ花エキス配合。
無着色・弱酸性

使用方法

洗顔後、適量をコットンまたは手にとり、お肌になじませてください。

全成分

水、変性アルコール、ソルビトール、BG、カミツレ花エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、ヒアルロン酸Na、PCA-Na、セリン、クエン酸、クエン酸Na、トリ(C12-15)パレス-8リン酸、酢酸トコフェロール、香料、メチルパラベン、エチルパラベン

奥様用アストリンゼン 使ってみた感想

敏感肌にも全くしみない、マイルドな使い心地です。
匂いが好みがわかれるところ。

ガラス瓶はかわいいのですが、ゴミ処分が面倒なのが難あり、リピートはいまのところわかりません。

タイトルとURLをコピーしました