韓国語ジャーナル2020が発売されたので買ってみました

韓国語

韓国語ジャーナルが休刊から7年の時を経て復刻しました!

7年ぶりの復刊!韓国語ジャーナル2020

2013年、惜しまれながらも休刊したアルクの『韓国語ジャーナル』が、新装新たに戻ってきました!

とはいっても、以前のような定期刊行ではなく、1冊限りのムック本です。

それにしても7年?7年経ったんですか?とても信じられません…。私7年間何やってたんだろう。

アルクさんは韓国語から完全撤退したのかなと思ってたので、嬉しい!

CDはなく、音声ダウンロードのみ

定期雑誌のときに挟み込まれていたCDはなくなって、ダウンロード音声のみとなっていました。

どっちにしろパソコンに取り込んでMP3化するので、こっちの方が助かりますね。

音声の感想は、以前に比べて話者のバラエティが少ないな~という感じです。もっといろんな人の声が聴きたかった。出演費用など大人の事情があるのかな?と察してしまいました。

DJソン・シギョンさん

音声のほうのほとんどを占めるのが、歌手のソン・シギョンさん。以前はK.Willさんでしたね。

K.Willさんも挨拶音声があります。

K.Willさんと比べて、ソン・シギョンさんの声は、落ち着いていて聴き取りやすいかと思います。

(K.Willさんがダメというわけでなく、早口なので上級者向けかな?という感じ)

ファンの方にはたまらないでしょうね。

充実の紙面

インタビューから、お役立ち表現、文法講座など、以前のとそん色ない、いやそれ以上の充実ぶりを感じました。

定期雑誌時代から、次の号が出るまで消化しきれない内容だったのですが、今回も1~2カ月やそこらでは回収しきれません。こつこつやる楽しみが増えました。

嫌というほど数字の問題なんかもあります。

ニュースフラッシュもたっぷりあります、が、音声がいつものイム・チュヒさんだけなので、聞き慣れた声よりも、もっと他の人の声で聴きたかったのが正直な所。

ハングルで3行日記のサンプルもついていてオトクです。(私は持ってるけど)

韓国語ジャーナル復刊嬉しい

一号限りの復刻とはいえ、また韓国語ジャーナルを手に取ることができてうれしいです!

来年もあるのかな?ぜひ刊行してほしいです。

休刊が寂しくて捨てようと思ってたバックナンバーも処分箱のなかから救出しました。

やっぱり韓国語は、やめられません!

タイトルとURLをコピーしました