Xamppのアップデート

PHPプログラミングの本などで、XAMPPのインストール法は必ずといっていいほど掲載されていますが、アップデートの方法はあまり目にしません。

自分も、何年も前にインストールしたままになっていて、そろそろPHPもMySQLもバージョンがだいぶ違ってきたので、面倒だ面倒だと先延ばしにしてきたXAMPPのアップデートをやってみました。(インストールされていたXamppは1.7.3でした。)

XAMPPのHTDOCSの中にあるファイルが2ギガと多かったため、バックアッをとるのではなく、XAMPPのフォルダの名前を変え、新規にXAMPPをインストールする方法をとりました。

  1. MySQLは、すべての(必要な)データベースをPHPMyadminでバックアップしておきます。
  2. メニュー<すべてのプログラム に XAMPPのアンインストールがあればそれを実行します。
  3. XAMPPのホームページ (http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html )
    から、最新のXAMPP(現在はバージョン 1.8.1 )をダウンロードします。
  4. ダブルクリックしてインストールを実行します。
    インストール先は、あとあと面倒なのもいやなので、素直にC:\直下にすることにします。

     

    important because an activated user account control

    その時、このようなメッセージが出る場合があります。

    Important! Because an activated User Account Control (UAC) on your sysem some functions of XAMPP are possibly restricted. With UAC please avoid to install XAMPP to C:\Program Files (X86) (missing write permissions). Or deactivate UAC with msconfig after this Setup.

    (ざっと訳:重要!現在のユーザーアカウントではXAMPPの機能が制限される場合があります。XAMPPを C:\Program Files (X86) にインストールしないでください。またはインストール後、現在のユーザーアカウントを無効にしてください。)

    UAC(ユーザーアカウント)とは、ウインドウズのログインユーザーのことで、権限の設定はこれ↓です。

    msconfig-uac

    あんまりいじりたくないので、素直に C:\Program Files (X86) 以外、 C:\ にインストールすればいいですね。

  5. 無事インストールできました。
    インターフェイスも新しくなって、なんだか軽くなったような気がします。
    xampp-new

     

タイトルとURLをコピーしました