韓国語

ハングルは3日でできる!

謎の象形文字と思われがちなハングル文字ですが、3日あれば確実に理解できるようになります。

ハングルは簡単に覚えられる文字

ハングルは、もともとは朝鮮王朝の王様、世宗大王(セジョンデファン)が、漢字を勉強する余裕のない庶民のために、簡単に覚えられる文字をと開発したものです。

『根の深い木』という韓国ドラマでも描かれていますが、そのドラマの中には、初めて見た文字を半日で覚えるというシーンもありました。

朝鮮語を表現するための文字なので、外国人が覚えるにはもう少し時間がかかりますが、それでもハングル文字が、世界中の言葉の中でも、最も覚えやすい文字であることは事実です。

ハングルのパーツは24個しかない

英語のアルファベットは26文字ですが、それよりも少ないたったの24個しかパーツがありません。

母音のㅏㅑㅓㅕㅗㅛㅜㅠㅡㅣ

子音のㄱㄴㄷㄹㅁㅂㅅㅇㅈㅊㅋㅌㅍㅎ

ひとつひとつのパーツは音をあらわしており、それを組み合わせて発音が決まります。

その組み合わせの法則を知ることが、ハングルを理解することです。

ハングルの仕組みを知るには参考書が一番

ハングルを知るための参考書はいくつも出ていますが、

必ず

  • 書いて覚えるようになっていること
  • 発音がついていること

が必須です

この条件に合っている、私が実際にやった参考書が↓こちらです。

3日でできる超入門ハングル書き取りノート

ずばり、3日でできるハングル書き取りノートです。

これに書いてある通りにハングルを書いていけば、3日後にはハングルがわかるようになっています。

金曜日の夜からはじめて、土日を費やせば、月曜日から韓国語の調べ物ができるようになっています。

もう一つこちらもおすすめ。

「あいうえお」から覚える いちばんやさしいハングル練習ノート 入門編

2つご紹介しましたが、やるのは一冊でいいですよ!

1時間でできる本は?

『1時間でハングルが読めるようになる本』という本がベストセラーになっていますが、私はお勧めしません。理由はハングルの仕組みを覚えるのではなく、形からこじつけで覚えるようになっていてかえって覚えづらいこと、そして音声がついていないのが致命的です。

『私は覚えが悪いから3日では無理』という方へ

そうおっしゃる方は、上記の『3日』参考書を使って、1週間かけてもいいのでやって見てください。

3日でできないから、と『一週間でできる』を買ってこられた方がいますが、ボリュームが多くなるだけです。

まずは薄い参考書を完璧に仕上げてください。

実はそれだけでは終わらない、発音変化

ハングルは組み合わされた記号をそのまま読めばいいから簡単、確かにそうです。ただし、実は、それだけでは終わらないのです、残念ですが。

ハングルの読みには『発音変化』というものがあり、ハングルの表記と大きく異なっている場合もあるのです。

そう、発音変化は例外などもあり、中級になっても難しい。

私も韓国語9年勉強していますが、いまだに発音変化を間違えます。

がーん、、、話が違う。3日でできないじゃん。

8割がたは読めるようになるから安心して!

そうなんです、100%読めるようになるのは困難です。でもハングルの仕組みを知り、まずは基本の読みが分かるだけで大きな一歩です。

辞書が引けるようになり、だいたいの発音もできるようになります。そして発音が違っていても、ゆっくり発音すれば、ほとんどの場合通じましたので安心してください。

3日の勉強でハングルの8割がたの発音ができるのです。発音変化は後からゆっくり慣れていくことにして、安心して勉強に取り組んでください。

3日後のあなたは変わっています!

1

関連記事